門前の小僧

『 門前の小僧 習わぬ経を読む』
ことわざです。
正式に習ったわけでもなく 耳につく、身体に染み渡る。
自然に覚えている。状態になることを言います。

ののさま

当院で言う所の 『ののさま』というのは園児が本堂に上がって『みほとけさま』のお歌
をうたって手を合わせる仏教保育の一環です。

いっときこの『ののさま』というのは一体どんな言葉なのだろうと調べた事がある。
続きを読む >>

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode