初音御詠歌講(はつねごえいかこう)

初音御詠歌講(はつねごえいかこう)
本日午後6時から講習会があります。
見学されたい方は寺受付に申込むか、
お電話にてご連絡下さい。
初音山観智院
電話03-3821-5240
本日の講習会は地蔵菩薩和讃と
御詠歌を行います。
本日の講習会は地蔵菩薩和讃と
御詠歌を行います。

enmei
門前に交通安全を願う初音六地蔵。
永代供養墓への入り口脇に安置
されている延命地蔵と子育て地蔵。
延命地蔵は境内より掘り出された
との事です。
30年以上前に発行されました、
観智院史によりますと、ひとつの
石に浮彫されている一石六地蔵尊
と呼ばれる石仏がある。とされて
おりますが、ご供養の為と施主が
建立された石仏ですので一般公開
はしておりません。

地蔵菩薩のご詠歌
歌詞の内容を読み解いてみると、
賽の河原で幼子が泣いている。
地蔵はその子供達を救って、
もう一度生まれ変わって欲しい。
そう願う心情。
生老病死とは逃れられない業。
分別のつかない儘一生を終えて
しまった者への救済を説いて
います。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2015/09/30 1:11 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック