ののさま

当院で言う所の 『ののさま』というのは園児が本堂に上がって『みほとけさま』のお歌
をうたって手を合わせる仏教保育の一環です。

いっときこの『ののさま』というのは一体どんな言葉なのだろうと調べた事がある。
●観音さま(かんのんさま)を『のんの』と愛着をもって言った呼称。

●「祈」という字は『祈む(ノむ)』とも読む事がある。

●神仏日月などを尊ぶべきものを指して言う幼児語(大辞泉)

いずれも手を合わすに足る御方の事を指しています。
ご飯をいただく時も必ず手を合わせるのは自分にとってなんと
有難い事(美味しそう)という感謝を込めていたり。

右の手おとけ、左の手は我がこころ。
両の手を合わせて感謝の意をそだてなん。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode